FC2ブログ

カミナリ

未分類
09 /10 2018
寛解517日目の私です。

地震 雷 火事 おやじ
怖い物の代表ですね。

私が子供の頃1番怖かったのは
なんといっても雷です。
ダントツで身近だったから…

私が育った地域は
雷というか夕立が多くて
夏は毎日のようにありました。
落雷の被害も毎年新聞に載りました。
だから
  らいさま雷様
と様付けで呼んで恐れていたんだと思います。
まあ、今はらいさまと呼ぶのは年配の人だけですが。
多分。

遠くのほうで雷がゴロゴロ言い出すと
   お風呂の水を汲んで
   やかんや大鍋に水をためて
が始まりました。
そう、落ちては大変と雷の音が近くになると
ブレーカーを下ろすんです(電気を切らなくちゃと言っていた)。
または停電に備えて。

水は井戸水をモーターでくみ上げて使っていたので(今も)
電気が無いと水道が使えません。
お風呂も料理も無しでは困るので
雷が夜まで長引いた時に備えたわけです。

暗くなってくると灯りは
ろうそくに火をつけて。
料理はガスで。
お風呂は薪で焚いていましたから
テレビが見られないくらいで
そんなに不自由だった記憶はありませんが。
そういうものだと思って育っていたしね。

ただ雷の音と稲光り、
これは本当に怖かった。
1人で留守番しているときなんかは
悪夢でしたね。

   ○○さんちに落ちてボヤになった
とか聞きましたし、
毎年仕事中に落雷で亡くなった人もいました。

   空雷様(かららいさま)はもっと怖い 
そう教えられて育ちました。
うん、雨が降らずに雷だけ。
遠くに感じているうちに
近くにいきなり落雷が!
農作業中に落雷で無くなる人は今もいると思います。
あと体育の授業中だったり、
ゴルフのプレー中だったり
時々ニュースになりますよね。
まだ遠いと安心せずに
雷の音が聞こえたらどうぞみなさん
早めに屋内へ。



 
スポンサーサイト

ビオラとミモザ

50代女性
2016年夏に
 乳腺原発  
 悪性リンパ腫と診断され
(非ホジキンリンパ腫
  びまん性大細胞型
 B細胞リンパ腫)
 
  治療R-CHOP 
     8クール
2017年5月寛解確認。

まずは再発が多いという  
2,3年を頑張っていきます。

めざせ寛解1000日!!
         です

なんですが
もともと変形性股関節症もあり
悪性リンパ腫治療後は
足の痛みに悩まされています。